• 紅子

5.舞妓的情人節


很多人覺得情人節是一個和舞妓無關的節日

其實情人節是花街的一大盛事之一

為了送給常客巧克力 舞妓們事先會和朋友們一起去買巧克力

並且在送客人去洗手間的時候把巧克力送給他

為什麼要在洗手間送呢?因為客室總是有很多人 舞妓無法和客人單獨對話

而客人去洗手間的時候 舞妓會拿著擦手巾在外面等候 只有這個時候稍微離開其他人 舞妓才有辦法和客人獨處

還在見習時

老闆娘說 無論是在席間玩得多開心的客人 到了洗手間都會想起工作或各種事情

就像回到現實中一樣

為了讓客人從頭到尾都沉浸在愉快的氣氛中 才會安排舞妓一起去洗手間

雖然也有不喜歡和舞妓一起去洗手間的客人

但是不妨把這當成花街獨有的風俗

是不是別有一番風味呢?

那麼 謝謝 再見囉!

舞妓ちゃんとバレンタインデーてあんまり関係無いと思わはりますやろけど

案外花街では盛んな行事のひとつなんどっせ。

ご贔屓さんやお馴染みさんには、前もってチョコを用意しますし

仲良し同士でチョコを買いに行くのも楽しみどした。

さあ、いよいよお客さんにチョコを渡す時は

そわそわしもってご不浄に立たはるのを待ってます。

なんでご不浄に立たはるのを待つかと言いますと

お座敷においやす方全員に渡すわけでは無いので

お一人にならはる時を探してますねん。

舞妓はお客さんと二人きりのお座敷と言う事はまずおへんので

こう言う配慮が要りますなぁ。

もひとつは、出たての舞妓はお客さんがご不浄に立たはったら

必ず一緒について行って、つかず離れずの場所で

おしぼりを持って待つと言うのんがお仕事のひとつなんどす。

見習いさんの時、お母さんから

「お客さんいうんはどないに楽しゅう遊んではっても、ご不浄に行かはった時

ふっとお仕事の事やら色々な事を思い出さはって現実に戻らはるんどす。

最後まで浮世忘れて楽しゅう過ごして頂く為、お一人にしたらあきまへん」と教わりました。

嫌がるお客さんもおいやしたけど

出たての舞妓がついて来るのも花街の風情やと楽しんでくれはる方は

ご不浄の中から色々話しかけて下さったり…

ようよう考えてみたらお座敷と違て

ご不浄の内と外でお客さんと舞妓が話してるて、けったいな風景どすなぁ。

ほな、又、おおきに

閲覧数:72回0件のコメント

最新記事

すべて表示