• 紅子

29 出張


 舞妓に出て2、3年たったころから出張に行く事も多なって来ました

 東京、仙台、九州…海外へ行く事もおした。

 舞妓の出張は何かと大層どすにゃけど海外となると、それはもう引越しでも

 すんのかいな と云うくらいのもんどすわぁ

 お衣装は勿論の事、おまくどっしゃろ?おこぼどっしゃろ?

 一個、一個が舞妓のもんはかさ高こおすねん。

 ついて行ってくれはる地方さん(三味線を弾く人)の姉さんも大変どっせ。

 そう、そう地方さん言うたら、お三味線って折りたためますねん。

 三つに分かれてアタッシュケースくらいの大きさのバックに収まるようになってます。

 海外出張の時、入国出国カウンターでいつもひと騒動

 X線画像でお三味線がライフル銃に見えるらしく、いつも身振り手振りとあやしい(?)

 英語で姉さんがお三味線の説明してはりますねんけど、ようよう聞いたら

 訛ってはるだけで全部、日本語どすねん。

 今は英語喋らはる舞妓ちやんもいはりますけど、昔はそんな舞妓なんか一人もいいしまへん

 海外行ってご飯食べるのも大変やったんどっせ。

 3日間、朝、昼、晩オレンジジュースと玉子サンド食べはった話しも聞いた事おすぇ

 それしか言葉通じひんかったそうどす。

 帰ってから暫くオレンジジュースと玉子サンド見たらえずいてたと云うのんを聞いて

 お腹抱えて笑ろてしまいました。

 海外のホテルはベッドも高うて足が届かへんし助走してダイブしたら髪が壊れたとか

 シャワー頭からかぶってしもたとか…

 コントみたいな話しが山ほどありますねん。

 そんでも、あの頃は何があっても、何してても楽しおしたなぁ

 お土産に買うてきたシンガポール航空のCAさん(当時はスチュワーデスさん)の制服

 みんなに嫌がられ結局、押入れの隅っこにおいやられた悲しい思い出も…

 おおきに  又  おはように

閲覧数:244回0件のコメント

最新記事

すべて表示