『古書と茶房 ことばのはおと』のにゃんこパフェ

皆さんかわいいデザートは好きですか?

もうすぐ京都に夏が来ます。盆地地形のため京都の夏はものすごく蒸し暑いです。

今日皆さんに紹介したいのは、最近めっちゃ人気がある町家カフェ『古書と茶房 ことばのはおと』です。 京都御所周辺にある『ことばのはおと』は住宅街に隠れています。

控えめな見た目のお店ですが、いつも長い列ができています。

いったいどんな魅力があって、皆さんが魅了されるんでしょうか?

答えはこれです! 1日限定20個のにゃんこパフェです♡

この食べ辛い位かわいい模様に惹かれて、携帯で写真撮影がどうしても止められませんでした。

にゃんこまで暑さで溶けていってしまって、寂しいけれど、サヨナラを言うことになります。

このにゃんこパフェが季節によってフルーツが変わるので、 何回訪れてもサプライズがあります!

そしてせっかく『ことばのはあと』に来たら、抹茶パフェも見逃せません。

白玉団子はまるで雪だるまみたい抹茶ケーキの世界にかくれんぼして、

わたしたちからの注文を待っていてくれてるみたいです。

浴衣を着て、夏風景を楽しみながら、かわいいにゃんこパフェはいかがでしょうか?

『古書と茶房 ことばのはおと』

〒602-8055 京都府京都市上京区大黒屋町34

營業時間:11時30分~19時30分 (定休日 火曜日)

http://www.kotobanohaoto.net/contents/

p.s. 『古書と茶房 ことばのはおと』は2017年のいっぱいで休業になります。

訪問は、お早めに!

アクセス :

地下鉄五条駅丸太町駅降りて徒歩約15分

閲覧数:50回0件のコメント

最新記事

すべて表示