祇園祭 特集

京都の夏はここから-ぎおんまつり-

特別​企画

元舞妓さんと行く 祇園祭ツアー

紅子(べにこ)先生と浴衣でまわる「祇園祭」ツアー開催決定!

今回は、夏らしく浴衣の着付け付ツアーで開催!

第1弾「2019年7月14日(日)・15日(月祝)開催 前祭ツアー」

第2弾「2019年7月22日(月)・23日(火)開催 後祭ツアー」

紅子先生から鉾のお話を聞きながら、浴衣姿で祇園祭を楽しみせんか?

おすすめリンク

桜ナビ

乙女の祇園祭

手作りのハンコや御朱印帳作りなどワークショップも行っています!女の子が憧れる可愛い祇園祭の楽しみ方。

桜ナビ

京都いいとこウェブ

​動画での祇園祭が分かりやすく、周辺の食べ物も案内されている。他京都観光にも役立つ情報が沢山。

桜ナビ
桜ナビ

京都で遊ぼう|祇園祭特集

​祇園祭のスケジュールも見やすい!祇園祭のアプリも配信中。

桜ナビ

祇園祭山鉾連合会

桜ナビ

祇園祭ぎゃらりぃ

通年、実物大の鉾が展示されています。ショップやカフェもあります。

祇園祭の始まり

祇園祭とは、京都で毎年7月に行われる祇園・八坂神社の祭礼です。

平安時代869年、梅雨の時期疫病が流行した際に、素戔嗚尊(スサノヲノミコト)など祇園の神様を迎え、疫病を鎮めてもらおうと66本の鉾を立て、神輿を送って疫病退散を祈ったのが始まりとされてます。

神様を町にお迎え

コンチキチンの祇園囃子が響きだし、神様のお迎え、奉納、お祓い、お祝い、なんと1ヶ月間も続く悠長なお祭り。

八坂神社には「素戔嗚尊」「櫛稲田姫命(くしいなだひめのみこと)」「八柱御子神(やはしらのみこがみ)」が祀られています。

7月17日の16時頃から御神霊を町に迎えるために「神幸祭(しんこうさい)」が行われ、3基の神輿(みこし)が四条寺町にある「御旅所(おたびしょ)」に渡られます。

再び、八坂神社に戻られるのが7月24日17時頃から行われる「還幸祭(かんこうさい)」です。

この、17日から24日の間、御旅所に滞在されている神様にお参りをすれば願いが叶うとされているのが「無言詣り」です。紅子先生のツアーでも行っていますので、ぜひ本格的に体験してみてはどうでしょうか!

浴衣で祇園祭

祇園祭の特別企画「浴衣プレゼント」も要チェック!観光案内併設の「着物レンタル夢館」2800円/お一人様

前祭 さきまつり

山鉾巡行・前祭 7月17日
前祭宵山 7月14~16日 ※宵山期間の歩行者天国は15・16日のみの予定

前祭 山鉾建て 7月10~14日

京都桜名所マップ

スタッフおすすめ前祭の楽しみ方

May山鉾を見つけてみてね

それぞれ、鉾にはストーリーがあるので好きなストーリーを見つけてみてね。歴史のある豪華な鉾たち、美術品や工芸品を見て回るのもおすすめ。お囃子方のイケ面を探すのも盛り上がる!?

人混みを避けたい

13日が狙い目!ほぼ全ての山鉾建てが終わっていて見物人もまだ少ないのでおすすめ。この日だけ行事のない山鉾もあるため説明もして貰いやすい。人出が多く混むけれど、夜店も出て歩行者天国になるので、お祭りの雰囲気を味わいたい方はやっぱり15、16日。

お薦めの祇園祭グッズ!

各鉾で色々趣向を凝らしているので、お守りやグッズを見て回るのも楽しい。

芦刈山は手ぬぐいが充実。白楽天山はリーズナブルなグッズが豊富。

岩戸山は食べられる粽(ちまき)も売ってます。祇園祭の粽は、厄除けなので長刀鉾などで販売されているものは、玄関に飾ってね!

鉾以外にも、その周辺のお店にも注目。新町通りでは、和雑貨店の「くろちく」がバーゲンをしていて和小物などがお買い得に。室町通りの呉服店でのバーゲンも楽しい​ですよ。

kyoto-design.jp「祇園祭の授与品やご朱印いろいろ」

後祭 あとまつり

  1. 長刀鉾

  2. 函谷鉾

  3. 菊水鉾(不老長寿/商売繁盛

  4. 月鉾

  5. 鶏鉾

  6. 放下鉾

  7. 岩戸山祇園祭ツアーで拝観

  8. 船鉾(安産

  9. 山伏山(厄除け/無病息災/学業

  10. 孟宗山(親孝行

  11. 太子山(智恵授与

  12. 郭巨山(金運招福

  13. 保昌山(★縁結び/盗難除け)

  14. 油天神山(学問成就

  15. 四条傘鉾(厄除け/招福

  16. 蟷螂山

  17. 伯牙山(技芸向上

  18. 木賊山(迷子除け

  19. 霰天神山(火除け/雷除け

  20. 白楽天山(学業成就/疫病除け

  21. 芦刈山(夫婦和合/縁結び

  22. 占出山(安産

  23. 綾傘鉾(縁結び

保昌山(ほうしょうやま)

梅の花がついているかわいらしいデザインで、売り切れてしまうこともあるとか。

​観光案内所からも一番近い山鉾です。

​画像出典:http://merosu.com/post-38.html

山鉾巡行・後祭 7月24日
後祭宵山 7月22~23日 ※宵山期間の歩行者天国、夜店はありません

後祭 山鉾建て 7月18~21日

​ルート: 赤…後祭巡行ルート    黄…花傘巡行ルート 

京都桜名所マップ

24.北観音山

25.南観音山

26.橋弁慶山(心身強健

27.役行者山(疫病除け/安産

28.鯉山(立身出世

29.八幡山(夜泣き封じ

30.鈴鹿山(盗難除け/雷除け/安産

31.黒主山(盗人除け/泥棒除け

32.浄妙山(勝ち運

33.大船鉾(安産

スタッフおすすめ後祭の楽しみ方

華やかな花傘巡行

昭和41年に交通事情の影響で前祭と後祭が統合されましたが、後祭を伝承する形で「花傘巡行」が行われるようになりました。花傘巡行は、今まで巡行に参加できなかった女性も参加して、子供神輿や花傘を被った華やかな行列など、前祭の迫力とは違った楽しみがあります。

後祭、約150年ぶりの復活

2014年に後祭が復活。花傘巡行も継続で、見どころが多くなりました!約20万人が訪れる前祭ですが、後祭は約1万人。まだまだ始まったばかりなので、今がチャンスかもしれませんね。

​祇園祭は混んでてうんざり…そんな経験のある人も、後祭りはゆっくり祇園の情緒を楽しめますよ。

祇園祭に関する記事

夢館の夏を彩るイチオシイベント『元舞妓・紅子先生と巡る 祇園祭特別ツアー』今年は「前祭」だけでなく「後祭」ツアーも実施!前祭に引き続き、後祭も大盛況。たくさんのご参加本当にありがとうございました!

8/22に開催した後祭りツアーは、伝統ある佇まいの京町家を改装した「夢...

夢館の夏を彩るイチオシイベント、『元舞妓・紅子先生と巡る 祇園祭特別ツアー』が、今年も大好評のうちに終了しました。すべての回が満員御礼、たくさんのご参加、本当にありがとうございました!

7/14・15に開催した前祭りでのツアーのスタッフレポートです!ご一緒にウェブツア...


夢館イチオシの「紅子(べにこ)先生と浴衣でまわる祇園祭特別ツアー」、どんな感じなのか、ご一緒にウェブ体験しましょ!

素敵な浴衣を選んで、ヘアセットも完了、紅子先生の講座も聞きました。お水のペットボトルももらいました。それでは祇園祭り特別ツアー、いざ出発です!!

まずは...

夢館イチオシの「紅子(べにこ)先生と浴衣でまわる祇園祭ツアー」、どんな感じなのか、ご一緒にウェブ体験してみましょ!

1)ご予約

オンライン予約(https://www.kyoto.yumeyakata.com/reservation)または、お電話(075-354-85...

はるか昔、エアコンも冷蔵庫も無かった時代、京の都では疫病が蔓延し多くの人が亡くなりました。
厄災を断ち切る為に鉾や花を建て市中を練り歩く鎮祭の祇園御霊会は1100年ほどの年月を経て今では祇園祭と呼ばれています。
戦後途絶えていた後祭りは2014年に復活しました。
祇...

2016年祇園祭後祭の宵山風景です。

祇園祭の山鉾にはご利益があるんです♪

画像をクリックすると山鉾の名前とご利益が出てきますよ(*^^*)

それぞれの山鉾ではお守りやちまきが販売されています。

【鉾一覧】

 

【山一覧】

一番鉾の長刀鉾と二番鉾の函谷鉾です。祇園祭の宵山~巡行の期間は天気が崩れることが多いのですが、今年は時々小雨の曇り空ながら、なんとかお天気がもってくれて良かった(*^^*)お囃子の音が鳴り響くなか、豪華な山鉾が動く様子は迫力があります!今年は日曜日&3連休の中日とも...

 2016年の祇園祭の様子です♪スタッフも祇園祭の様子を見に行ってきました。

京都の夏の風物詩「祇園祭」

夢館の京都検定1級スタッフがお答えする、知ってるようで知らない祇園祭のまめ知識をご紹介します☆

【祇園祭ってそもそも何のお祭りなの?】

疫病退散を祈る八坂神社の祭礼です。 9世紀の頃、平安京に疫病が流行した時に大内裏の南にある神泉苑で 疫病の原...

祇園祭で絶対に見たい山鉾のマップができました!(前祭・後祭の2種類です)

夢館1Fのインフォメーションセンターで無料配布(白黒コピー)しているので、是非ご利用下さい。

また、巡行時間や山鉾の解説などより詳しい情報の載った祇園祭のガイドブックも配布中です!

夢館から一番近い...

Please reload

Kyoto Karasuma Gojo Tourist Information Center ( Kimono Yumeyakata )

京都烏丸五条観光案内所

〒600-8104 京都府京都市下京区万寿寺町128

128 Manjuji-Cho, Shimogyo-Ku, Kyoto City
TEL:075-353-6665(country code+81)

Email:info@yumeyakata.com
Daily from 9:00 to 17:00

  • Facebook - kyoto guide
  • Instagram - kyoto guide
  • トリップアドバイザー - kyoto guide

Copyright © 2002-2019Yumeyakata. all rights reserved. 無断での写真の転載・使用は固くお断り致します。